HMEPハワイ医学教育プログラム

HMEP

Aloha、医学生・研修医の皆さん Student-Doctors:

皆さんは「医師」になりますか?「Doctor**」になりますか?「教育者」になりますか?
皆さんの医学部卒業時点でのゴール(目標)は何でしょうか? (国家試験合格とだけは答えないで下さい、、、) 卒後研修のゴールは何でしょうか?
医学教育と卒後臨床研修が「医師の予後」を決定する、と言っても過言ではないかもしれません。

1977年私は、自分なりに(当時は稀であった)アメリカ留学の夢を持ちつつ医 学教育を終了し、希望と不安をもって卒後研修を開始しました(まだ当時は全く研修で有名ではなかった沖縄中部病院)。順天堂医学部での教育と中部病院での4年間の研修が、今の自分の基盤となったことは確かでしょう。特に中部病院ではやたらと忙しく 日々を生き抜くのが精一杯でしたが、毎日楽しくやっていたのを今でも思い出します。その後、夢であったアメリカでの外科臨床研修も終了できました。

日本とアメリカで教育を受け研修をした経験から言えることは、特に研修医時代はいろいろ苦しいこともありますが、この時期の患者ケアを通しての勉強は、一学年毎に楽しく、学習を肌で感じ、興味が増し、あとで振り返ると一生忘れられない、医師としても最高の時期のひとつであったということです。研修医時代に学んだこと、経験したこと(特に失敗・苦労・難題など)は一生身につくものです。そして、研修をどう過すか医師としての人生にどう活かすかの白黒は、医学生の時に始まっています。医学生時代・研修医時代をどう過ごすか、それは皆さん次第です。

医学生時代からそして研修医時代には、忙しさ辛さに流されず、常に患者さんへの思い、臨床現場での問題意識をもち、Passiveに教わるのではなくActive Learnerに成長して下さい。コツは、病歴・身体所見、問題解決、臨床推理、自ら学ぶこと、さらには後輩を教えること、これらをEnjoyすることです。楽しければActiveになり、楽しければ継続します。そしてこれは、医師として一生続けるべきことです。

さらに、大学・医学部が皆さん学生さんに何かしてくれるのを待っているのではなく、また研修医になってからは研修病院・指導医が何かしてくれるのを待っているのではなく、皆さんが医学部に・研修プログラムに何ができるか、医学教育・研修改善にどう貢献できるかを、常に意識して実践して下さい。

ACGMEの6‐Competencies医師の6つの能力の修得を学生レベル・研修医レベルで学習のゴールと定め、一人前の医師になっても一生この能力を維持できるActive Learner でいて下さい。更に、後輩を教育する情熱と患者・家族への思いやりなどのヒューマニズムを培って下さい:Active Learner → Passionate Teacher → Compassionate Physician へ成長されることを願います。

Active learner であって欲しい、他のために尽して欲しい、高い夢を持って欲しい、という思いを込めて、以下の言葉を医学生・研修医の皆さんに贈ります。

Your prognosis as a physician is largely determined by what and how you have learned during medical student and initial residency training.

Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. The important thing is to keep moving forward.

My fellow Students and Residents: ask not what your teachers, schools or programs can do for you, but ask what you can do for your patients and education
/ training.

Live as if you won’t wake up tomorrow. Dream as if you will live forever. The future belongs to those who believe in the beauty of their dreams.

Active Learner – Passionate Teacher – Caring Physician – Great Dreamer 目指してEnjoy and Good Luck!!!

町淳二 Junji Machi
ハワイ大学医学部・外科・国際医療医学オフィス
JrSr創立者

HMEP ハワイ医学教育プログラム 5年目(2020年4月)
JSプログラム 2年目(2020年4月)

2020年4月、ハワイ医学教育プログラム Hawaii Medical Education Program (HMEP)は5年目を迎えました。
HMEPは2015年にハワイ大学が東海大学と提携し、2016年度新入生から開始、2020年現在13校の医学部がHMEPに正式登録しています。(HMEP登録医学部:東海大学、順天堂大学、東邦大学、北里大学、藤田医科大学、弘前大学、高知大学、岡山大学、大阪医科大学、久留米大学、奈良県立医科大学、富山大学、昭和大学)合計800人以上の医学生がHMEP登録医学生となっています。その他に複数校が参加に向けて検討中です。

JrSrの中心的な教育活動は当初から目標としている「HMEPハワイ医学教育プログラム」と「JSプログラム」になっています。これらのプロジェクトを実践する病院として静岡医療センターとハワイ大学・JrSrが2019年に提携し、静岡医療センターはHawaii International Teaching Hospital(HITH)として設定されました。

【HMEPの教育内容】

以下はHMEPの提供する内容ですが、すべて日本の医学部のカリキュラムの枠内で行うことが可能です。

1.1年次-3/4年次:土曜日に”課外授業”としてHMEPの提供する授業に参加〔HMEP Open Cross Class〕
JrSrの仲間の国際的な医師・医療従事者が講師となり、国内外からEye-openningな講義が提供されています。

2.ハワイ大学で日本の医学生用に作成された自習用の英語教材 HMEP Online E-learning 教材を提供、英語強化
この教材は、USMLE準備(Step1, 2, CS)にも対応しています。

3.各校から選抜された医学生を対象に臨床実習の始まる前の4-6年次に1週間(今後は2週間になる可能性もあります)ハワイ大学JABSOMにて研修〔Hawaii Clinical Clerkship Preparation Program(HCCPP)〕
現地の学生とも交流しながら座学、ワークショップ及びシミュレーション教育などを受けていただきます。ただし現段階では義務ではありません。

4.4-6年次に静岡医療センターにて米国式臨床実習〔HMEP Clinical Clerkship〕参加
ハワイ大のカリキュラムをほぼそのまま輸入・活用し、学生がスチューデントドクターとして真に臨床に参加する臨床実習を行います。
1つの科で2か月のローテーションを基本とし、主要各科で最大14ヶ月かけて実施。大学の希望にあわせて1か月からの実習も可能です。HMEP参加医学部からの選抜医学生を混合し行われます。

5.国際的な感覚と意識を習得したHMEP参加医学生のうち、希望者はUSMLEへの挑戦も指導
さらに能力のある学生はアメリカレジデンシーへのマッチまでフォローします。

※HMEPの日本の医学部導入に関しては、文科省の承認も得ています。

創立者である町淳二はハワイ大学のDirector for Japanese-Affiliated Programs, Office of Global Health & Medicineとして、これからも毎月7-10日間訪日します。その間に個人的な相談にものりますし、教育施設など要望があれば訪問しHMEP説明会、カンファレンスや講演などもいたします。

今までもこれからもJrSrの教育理念は
『“Education” is an unconditional ‘GIVING’ without asking for anything in return: it is just given to the next generation.』ですので、JrSrを活用下さい。

以下はHMEPに関して知りたい方々への参考資料です。

pdf

【HMEP趣旨】

ダウンロード

pdf

【HMEP簡易概要】

ダウンロード

pdf

【HMEP登録医学部のメリット】

ダウンロード

pdf

【HMEP Clinical Clerkship内容】

ダウンロード

JS プログラム:米国レジデントを目指す君へ

by JrSr Corporation at HITH (Hawaii International Teaching Hospital) with HMEP (Hawaii Medical Education Program)

【主旨】
米国レジデントを目指すための新しいプログラムを提供。

米国レジデントとしてマッチするためには数年にわたる周到な準備が必要です。
また、一回目の挑戦でマッチすることが重要です。マッチするためにはCSを含んだUSMLEに一回で、高得点でパスすること、臨床における英語能力を限りなく上げておくこと、臨床能力やコミュニケーション能力も含めた力をつけること、などが必須です。
このJSプログラムは、米国レジデントへのマッチを目指す君へ有意義でユニークな教育プロセスを提供しています。 すなわち、

1.1年から数年の期間を通じて診療能力、学習の状況を総合的に評価
一度の面接では、その人のすべてはわかりません。少なくとも1年以上、継続的に教育・評価し、マッチ可能が確実となった時点でトライしていただきます。

2.海外見学研修やマッチング面接のための期間、病院休職を許可
勤務医である以上、まして研修医は職場を休むことがままならない環境にあるのが通常です。
本プログラムでは静岡医療センターの協力のもと、事前に調整が行われます。

「JSプログラム」は将来米国での臨床研修を目指す方々のために創設したプログラムで、2019年度から始動しました。3人のJSレジデントが2020年度アメリカレジデンシーに挑戦し、全員が希望のポジションにマッチできました。

静岡医療センターで展開されるこれらのプログラムに興味のある方々のために、毎年6-8月にOpen House(病院見学と説明会)を開催しています。興味のある方はご連絡下さい。

以下、必要書類や詳細の資料をご覧いただけます。

pdf

JS プログラム-要項

ダウンロード

pdf

JS プログラム-Open Houseエントリーシート

Open House参加時に提出いただくシートです。
ダウンロード

pdf

USMLE Prep Strategies

ダウンロード

Hawaii International Teaching Hospital(HITH)となった静岡医療センターでの各科の様子はHMEP@静岡医療センター

HMEPについての英語論文 (2017年4月)

pdf

HMEP (Hawaii Medical Education Program) ハワイ医学教育プログラムの背景、理念、方法をまとめた最初の論文

Hawai‘i Medical Education Program: An Innovative Method to Incorporate American Education Methodologies into the Traditional Japanese System HMEP InnovMethod HJMPH 2017 JM.pdf

ダウンロード

「ハワイ医学教育プログラム」 日本導入のきっかけ (2015年10月19日)

ハワイ大学医学部と東海大学医学部の教育連携に関する記者会見が2015年10月19日に行われました。

2009年3月にShigeki藤谷がハワイに来た際に、「アメリカ式の医学部を日本に創ろう」と話した夢のようなかなり無謀な「夢」に、今回のプロジェクトは遡ります。

その後東京ベイ・浦安市川医療センターで地域医療振興協会の支援のもと、卒後研修プログラムを2012年に立ち上げ運営を開始。同時に、ハワイ大学医学部JABSOM内でDean Jerris HedgesとSatoru Izutsu先生とともに様々な「ハワイ医学教育プログラム」(HMEP: Hawaii Medical Education Program)日本導入手段を模索しました。

まずアメリカ式Medical School自体を日本に開校することは限りなく困難、次にハワイ大学JABSOMの東京分校も検討するもアメリカのLCME(医学教育評価認可機構)の規制上実施不可能であることが判明。試行錯誤の末2014年初めから日本の医学部との提携によるHMEP実施を目指し、準備してきました。

いくつかの伝手のある医学部と相談しましたが、東海大との提携がまず決定しました。ハワイ大学は東海大学と医学部以外の学部も含め長年協力関係があり、ホノルルには東海大ハワイ大学校もあり、ハワイにおける付き合いも長年に渡っています。そのような環境や東海大学長による大学国際化の方針もあり、ハワイ大学HMEPの東海大導入(2016年度から)が決定されました。

今後もさらに、大学・医学部という垣根を取り除き医学生同士が交流できる・Diversity多様性を重視する「Cross-Institutional Global Education」という理念を提唱し進めて行きたいと考えています。

Junji 町