JrSrについて

JrSrについて

 

welcome
名称 一般社団法人 JrSr (ジュニアシニア)
設立 2014年10月
代表理事 平田 亮
創立者 町 淳二
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-14銀座NKビル8F
TEL 03-6825-8008(緊急の際はEメールでご連絡ください)
FAX 03-3538-3552
E-Mail JrSrOffice@gmail.com

平田 亮(ひらた りょう)Ryo Hirata JrSr代表理事

Ryo Hirata 科学技術の発展とともに、人類はこれまで経験したことのない社会の変化に直面しています。
特にAI(人工知能)の発達によって、現在人間の行っている仕事の多くが自動化され、20年後には労働者の40%以上がリストラにあうとの研究発表もなされています。AIが医療の分野に大きな地位を築く日が来るのもそう遠くはないでしょう。
しかしAIはあくまでも高度な知識と技術を持つ道具に過ぎません。医療の対象は病気ではなく、病いを抱える“人”です。
人を治す医師に求められるのは知識と技術、そして「高い人間性」です。AI時代にはことにこの「高い人間性」の重要性が増すでしょう。
JrSrは、患者さんに寄り添い、しっかりとコミュニケーションが取れ対人関係を築き「高い人間性」を有する医師の育成を目指します。 発達する科学技術を活用し、更なる医学・教育の進歩に貢献しながら国際的に通用する、医師という“人”を育てる医学教育の樹立・発展に寄与する所存であります。

2017年12月吉日 Ryo平田

pdf

HMEP-JrSr定款

当法人の定款です。設立の目的や事業内容などが詳しく書かれています。
ダウンロード

pdf

JrSr活動主旨

当法人の活動主旨が簡易に書かれています。メーリングリストに登録する方は、こちらの趣旨に賛同して頂く方となります。
ダウンロード

pdf

JrSrパンフレット

当法人のパンフレットです。
※ファイルサイズが54.2MBと大きくなっておりますので、ご注意下さい。
ダウンロード

welcome

一般社団法人JrSr(ジュニアシニア)は2014年10月に設立されました。

この法人は代表理事である町淳二の米国と日本の医学教育現場における橋渡しとしての長年の活動を、さらに拡大・推進するために設立され、幅広い教育・医療推進活動を目指しています。

日本の医学教育は多くの優秀な医師を毎年輩出しており世界に誇るべき医療水準を達成しておりますが、今後の医学教育における国際情勢の急激な変化に伴い、この状態を維持する為の努力を強く必要としています。

当法人は卒前と卒後の医学教育における国際標準化の促進を目的とし、各現場での国際標準に適った教育プログラムの施行を支援し、国内および国際的に活躍できる医療者育成を目指します。また、年々増加が見込まれる海外からの訪問者・移住者にも良質で迅速な医療を提供すべく、24時間救急を持つ国際病院の設立・運営に関わる活動を推進します。国際標準の医療が一般の国民に身近に感じられ、その恩恵を享受できる環境を目指します。

上記の目的の為、日本の医学部とハワイ大学を中心とする米国の医学部との交流・提携を促進し、直接的に国際標準の医学教育を取り込むほか、日本の医学部、医療教育機関、医療系施設や医療系団体のハワイ大学での研修受け入れ、また医学生や若手医師の米国への留学をサポートします。

国内では医療教育と実践の場としての国際病院の設立・運営に人的資源や運営システムの面等から協力します。また医療関係者対象の教育的ワークショップの開催や、医療機関・医学医療教育機関・医療関連企業間の共同活動を企画し各団体の連携を図ってまいります。

そして一般国民にも分かり易いセミナーを展開し、国民全体の健康の向上と国際標準の医学知識の伝達を行い、ひいては医療や医師育成への国民の参加を促進する啓発をいたします。

 

Junji Machi

町 淳二(まち じゅんじ)Junji Machi, M.D., Ph.D., F.A.C.S. JrSr創立者
【オフィス】405 N.Kuakini Street, Suite 601,Honolulu,HI 96817 U.S.A.
【Email】junji@hawaii.edu
【所属】ハワイ大学医学部外科;国際医療医学オフィス Department of Surgery and Office of Global Health / Medicine, JABSOM, University of Hawaii

pdf

町 淳二の詳しい経歴はこちら

Dr. Machi Japanese CV.pdf
ダウンロード

welcome

JrSrの未来・夢 – JrSr vision forFuture and My Dream 

【JrSrの未来・夢 - JrSr Vision for Future and My Dream】        町淳二“Education” and “Love” are similar; It is an unconditional ‘GIVING’ without asking for anything in return. (JM)

JrSr(Junior Senior)は2015年10月に創立したまだ若い組織です。JrSr創立に当ってはその背景となった過去の歴史があり、現在があり、そして未来があります。Past,  Presentは必須ですが、Futureが無ければPresentの意義も無くなります。“Honoring the past and present, and then  build the future” を目指します。

1995年にアメリカでの外科研修・レジデント終了後ハワイ大学に在籍し、その後外科の臨床・リサーチとともに日米での医学教育・医師育成に携わりました。2008年終わりにPresident Obamaが就任した際に、彼の言葉に習って、日本の医学教育の改革を「CHANGE!!! Yes, We Can」と発信していました。私が日本での講演やセミナー活動などに加えて、特に日本の診療現場で教育・研修を実践しようとなったきっかけにはチョッとしたエピソードがあります。2009年3月14日、後輩で親友でもあるShigeki藤谷がヒョッコリと学会でホノルルにやって来ました。その時、半分本気・半分冗談で「Shigeki、日本にアメリカ式の医学部を創設しよう」といったところ、Shigekiはポケーっとした顔で「Junji、何を血迷ったことをーーー。」と、しかし「医学部なんて無理だけど臨床研修なら何とかなるかも。まずは仲間を集めよう。」

それから半年くらいかけ、アメリカで研修をした仲間やアメリカ式の教育・研修の理念や方法に賛同する仲間を集めMLメーリングリストを創り、仲間同士のコミュニケーションと結集を図りました。そしてその仲間たちと研修プログラムを創立し、2012年4月に東京ベイ・浦安市川医療センターで地域医療振興協会との提携で、卒後臨床研修を始動しました。それから3年、現在では東京ベイでの研修は多くの有能な仲間の努力で実績を重ねています。

そして、さらに未来に向かって日本での教育活動を飛躍するために、Ryo平田・Toshi佐藤・Ryo藤井、Kiyoe小山や多くのサポーターや同輩後輩・若い人たちの協力と支援で、2014年10月にJrSrを創立しました。

私が1995年7月にハワイに来てから20年。日本での教育や研修の基礎は築かれてきましたので、今後のJrSrの方向・Vision、特にその未来・夢を述べたいと思います。

続き、全文はこちらから

 

町のおもうこと 

JrSr創立者 町の考えをブログ形式で記しています。

皆さんも感じたこと、ご意見などコメントで書き込んでください。

# 医学生・研修医へのことば

pdf

町 2017年度 医学生研修医へのことば 01-01-17.pdf

ダウンロード

welcome